スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Image Composite Editorを利用して作成したZoomSiteのデータをjavascriptのみで動くOpenSeaDragonで動かすための覚書

ICE(Image Composite Editor)は、複数の画像を合成して1枚の画像にしてくれるソフトで、
絵図とかのアーカイブ化に力を発揮してくれそうなヤツです。
スキャナが理想ですが、コンデジで複数の分割撮影でも結構綺麗な形になったりします。
ICEを使う時に注意するのは、糊しろ(画像の重なり合う部分)を、10~20%は確保しておくこと。
とくにスキャナだと綺麗に分割できるんですが、あえて重なる部分を用意します。
でないときれいにくっつきません。

Microsoftからリリースされているフリーソフトということでも、安心感がある??気がします。
くっつけて1枚の画像にしてしましまうのも出来るのですが、
ZoomSiteという、よくアーカイブサイトである画像の拡大縮小できるページみたいなのが、
簡単に作れる機能もついてます。

こいつで作ってくれるZoomSiteファイルの使い方がいまいち、どう使ってよいのかわからなかったので、
その覚書、です。

1. 用意するもの
ICEでZoomSiteを作った際に出来る
○[ファイル名].xml
○[ファイル名]_filesフォルダ

○Opemseadragonで配布されているopenseadragon.min.jsファイルとimagesフォルダ

ICEは
https://www.microsoft.com/en-us/research/product/computational-photography-applications/image-composite-editor/
からダウンロードできる。
使い方はほぼAUTOでいい(というかAUTOでくっつかないときれいにならないです)。

OpenSeeDragonは
https://openseadragon.github.io/
からzip形式でダウンロード。いらないファイルは捨てていい。

2.表示用のHTMLファイルを作成する。
必要なのは以下の部分で、tileSourcesに[ファイル名].xmlファイルを指定する。

<div id="example-xmlhttprequest-for-dzi" class="openseadragon">
<script type="text/javascript">
OpenSeadragon({
id: "example-xmlhttprequest-for-dzi",
prefixUrl: "openseadragon/images/",
tileSources: [ "[ファイル名].xml"]
});
</script>
</div>

注意点:[ファイル名]部分は共通でないといけないので、必ずそろえること。

<html>
<head>
<meta charset='utf-8'>
<title>テストの表示 </title>
<script src="openseadragon/openseadragon.min.js"> </script>
</head>
<body>
<h1>テストの表示 </h1>
<div>
テストテストテスト
</div>
<div id="example-xmlhttprequest-for-dzi" class="openseadragon">
<script type="text/javascript">
OpenSeadragon({
id: "example-xmlhttprequest-for-dzi",
prefixUrl: "openseadragon/images/",
tileSources: [
"[ファイル名].xml"
]
});
</script>
</div>
</script>
</body> </html>

で普通に動く。
取りあえずは、すべて同じフォルダ内に配置する場合ってことで。

三枚の画像は(三つを並べて表示してます)
ryu00.jpgryu00.jpgryu00.jpg
こんな感じで、ICEで1枚にすると下の感じ。*180度回転してます。
ryu00.jpg
で、OpenSeeDragonを使うと
http://wemfls.web.fc2.com/iceacv/test.html
な感じ。

このくらいは、フリーソフトの組み合わせで出来る。

スポンサーサイト

雑誌記事速報のYQL対応

GoogleFeedAjaxAPIのサービス終了に伴い、雑誌記事速報その他の仕組みが動かなくなっているので、
その対応。
元祖、雑誌記事速報については、
https://lib-plus.blogspot.jp/2017/01/google-feed-apiyql.html
「Google Feed APIの終了と新着雑誌記事速報YQL版について。」
に記載のある通りです。

んで、
今まで作ってきた分は、取りあえずYQLに移行して、以下の通り。

雑誌記事速報
http://wemfls.web.fc2.com/testjs/magrss/magind.html

ニュースバーとGoogleFeedDynamicControlは、
http://wemfls.web.fc2.com/testjs/wdfc/index.html

でついでに作った「今日発売の雑誌一覧(wemTodayMagazine)」は、
http://wemfls.web.fc2.com/testjs/magrss/magtday.html

で、ちょっと後日修正して、ローカルでも動くようにしたのが、
http://wemfls.web.fc2.com/testjs/magrss/magtday_local.html

というところです。




スプーラが停止する、プリンタアイコンが消える

さて、いつもと少し違うお話を。
XPがサポート終了するんで、職場のPCを順次Vistaに上げています。

業者に頼もうと思ったら、意外に高くついたので、
まあ自分でやっちゃった方がいいかな、という感じです。

つまり…OSのアップグレードという図書館とは、まったく関係のないお話です。

もともと、入っているのがVista downgrade XPのPCなんで、
Vistaが動かないわけではないですが、
動きがだいぶもっさりしてしまいます。

わざわざ使いづらくするために手数をかけるわけで、だいぶ気の重い作業です。
…急にリース期間の延長なんてことがなければ、よかったんですけど…

さて、実際にXPからVistaに上げると、VistaのSP2導入までは順調に作業出来ます。

で、プリンターをインストールするわけですが…
USB接続のレシートプリンター、こいつが鬼門です。
上手くインストールできるといいんですが、
なんだかわかりませんが、高確率で失敗し、そうすると…
スプーラを止めやがります。

こうなると、コントロールパネルからプリンタを開いても
「プリンタの追加」アイコン以外のプリンタアイコンは全部消えます。
「ああ、スプーラサービスが止まったのね」と
サービスを開いて「print spooler」を再開させると、
プリンタアイコンが表示されますが、
インストールを失敗したらしいレシートプリンターに手を出そうとすると、
やっぱりスプーラが止まります。
(そしてプリンタアイコンも消えます)

つまり、レシートプリンターの削除すら出来ない…という。

マジかバックアップから戻してやり直しか、と思いながら調べてみたら、
「Microsoft Fix it 50126」というのがありました。
これを使うと、取りあえず、スプーラが初期化され(全部のプリンタが削除されますが)、
もう一回やり直すことが出来ます。

ちなみに「Microsoft Fix it 50126」でググると出るMicrosoftのページは、
いきなり、「Microsoft Fix it」で「印刷の問題と印刷エラー」の調査をしてくれようとしますが、
これは閉じてしまって、ページ中ほどの「Microsoft Fix it 50126」を実行してください。

ついでに、こうなっちゃうと、USBポートも別の場所にした刺した方が、
良いようです。

OPACをkiosk風情報端末にしてみる(実際編)

(ここでいう「OPAC」は、Web-OPACではなくて、館内OPACです)
というわけで、やりたいことについて、外側の環境はそろったんで、
Kioskスタイル<http://wemfls.web.fc2.com/testjs/kisokstyle/kioskstyle2.zip> と、
簡易キーボードパネル_変換機能付き<http://wemfls.web.fc2.com/testjs/keypanel_ime/keypanel_ime.zip>
を使って、試験運用中、です。

キーボードパネルの方は、初期とは、濁点ボタンの処理とか変わってます。
Kioskスタイルの方も、chromeにそのまま入れると、強制的に落ちる処理が変更。
(setting.jsonのホームページ(デフォルトだとNDLのページ)を開くように)

ちなみにうちは、WindowsVistaとタッチパネルの環境。
("試験運用"は何か不都合があって中止されるまではずっと"試験運用中"です)

本番に向けて端末側は、

1.「Microsoft ネットワーク用クライアント」を無効にして、

2.プリンタは、全消し。

3.chromeをインストール。

4.chromeの設定⇒「ツール」⇒「機能拡張」

5.「デベロッパーモード」にチェック

6.「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む…」から、ダウンロードして解凍したフォルダを読み込む
(あ、Kioskスタイルの設定ファイル[setting.json]は、修正しています)

7.chromeのスタートページを設定(「新しいタブページを開く」にしない)

8.chromeをスタートアップに入れる

という手順。
ちなみにスタートアップからだと上手く動かない場合には、
Kioskスタイルに入ってるkiosk.vbs(Windows起動から1分後にchromeを起動する)を使うといいかも。
paddyの部分は、実際のユーザ名に書き換えてください。

テスト環境の時は、手順の1.2.は不要です。

インストール権限がない場合は、ポータブルのchrome使って、
kiosk.vbsを書き換えて使うと使えるかな?(やっていいかどうかは別問題ですよ)

ってことで、どんと来い「図書館向けデジタル化資料送信サービス」(笑

OPACを情報端末にしてみる…

(ここでいう「OPAC」は、Web-OPACではなくて、館内OPACです)
図書館内にあるOPACをどうにかして、情報端末、いわゆるキオスク端末に出来ないかなーという話です。
まあ、きっかけは国会図書館の「デジタル化資料の図書館等への送信」です。
まだ、説明会は9月なんですが、その前にうちの貧弱な環境でどういうことが出来るのか、
考えてみようということで。
歴史的音源の公立図書館等への配信提供に関するページ」といっしょだとすると、
固定IPでの接続ということになるんですが、
利用者向けに別途固定IP回線を用意するとなると、結構たいへんです、
特に分館がたくさんあったりするとー…(主に金銭的な意味で)。

OPACっぽい感じで(キーボードは提供せず、タッチパネルで動かして、アクセス先制御をする)、
なら、なんとかならんかなーと思いました。
これなら、リスク的には、OPACと一緒だしね。

で前回のキーボードと同じようにChromeの機能拡張で、やってみたのが、
Kiosk風byWemfls」です。

当然といえば、当然ですが、アクセス先を制御してますので、
設定ファイルである[setting.json]を設定せずに、Chromeの機能拡張として組み込むと、
設定ファイルの既定通り、http://www.ndl.go.jp/ をホームページとして開くようになります。
(一度、開かなくする設定でしたが、それだとあんまりなので修正しました)
まあ、Chromeに組み込む前に、[readme.txt]を確認していただくといいですね。

機能として考えたもの…
1.アクセス制御 [arrow_url]と[refuse_type]
 許可するドメイン[arrow_url]もそうですけど、許可した中でも不許可なもの(拡張子だけでなく)
 指定できるように[refuse_type]しました。
 実はすこしづつ機能が違います。
 [arrow_url]に一致しないURLは開くことが出来ません(閉じてしまいます)。
 一方、[refuse_type]は、リンクを無効にしますが、何かの拍子で開けてしまった場合、開きます。
 (もちろん[arrow_url]に一致している範囲で、ですが)
2.ホームページの設定 [home_url]
 いわゆるメニューページへのリンクは常に画面左下へ表示されるようにしました。
3.GoogleDosで表示するもの [view_docs]
 pdfやOffice文書などについて、[view_docs]で指定された拡張子については、GoogleDocsで開きます。 
 こうすることで、閲覧できないものを減らせるし、想定外のダウンロードも減らせます。
4.印刷可否 [print_b]
 [print_b]を"able" にすれば、印刷ボタンが表示されます。
 プリンタがつながっていて、ファイル出力系のプリンタドライバ(PDFに出力とか)を無効にしていれば、
 使えるかも?
 …が、これは、国会図書館のデジタル化事業についての話となれば、無い方がいいわけで、結構いい加減な挙動じゃないかな、と思います。
5.右クリック可否 [migi_click]
 タッチパネルだったら、必要ないんですけど、OPACにマウスが置いてある図書館を見たことがあるので、
 右クリックを無効にする機能をつけました。正直、これはgpeditで出来そうな機能ですが…。
6.ダウンロードバーの非表示 [del_download_bar]
 ホントはダウンロード自体を禁止するか、ダウンロードバーの非表示をしたかったのですが、
 Chromeにそういう機能はないらしいので、ダウンロード終了後消すということにしました。
 (昔はあったんだけどなあ…まあ、ダウンロードバーが出るようなら設定不足ではあるんですけどね)

っつうことで、どーだぁー。
プロフィール

wemfls

Author:wemfls
簡易図書館システム「りぶりぶ」

ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。